* admin * NewEntry *
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-05-18 (Sat)
犬の殺処分9カ月間ゼロ--広島県神石高原町の取り組みです

中国新聞の記事


>> ReadMore
| ≪保健所の情報≫ | COM(2) |
2013-05-08 (Wed)
≪高知県≫

野犬や野良猫を保護している県内2カ所の小動物管理センター(高知市孕東町、四万十市古津賀)で処分される犬、猫の数が減っている。この5年間で犬は6割以上、猫も3割近くが減少。合計すると4割ほど減っている背景には、飼い主の意識の向上などが考えられ、関係者は「今後も減少が続き、いずれゼロになってほしい」と話している。

 同センターの犬猫は、保健所の保護によるものと、飼い主が連れてくるものが大半。多い時には1日100匹ほど引き取ることもある。
規模の大きい高知市のセンターでも収容スペースは犬約50匹分しかなく、犬は収容後数日で殺処分、猫は原則、即日処分される。
 こうした中でも、犬の処分は1997年度(5293匹)以降、おおむね毎年減少し、2005年度の2430匹から10年度は882匹へと約64%減。猫もこの10年、毎年6千匹前後で推移していたのが08年度(6023匹)以降は減少が続き、05年度の6196匹から10年度は4409匹へ約29%減。
 この5年間、犬、猫の合計で8626匹から5291匹へ約39%も減っている。
 県食品・衛生課は、減少傾向の背景に「飼い主の意識の向上」があると説明。保健所などが保護する野良犬、野良猫も減っているといい、「悲惨な殺処分の状況を知り、最期のみとりまで飼う人が増えたのでは」とみている。
 ただ、それでも年間5千匹以上が処分されているため、県は新たな対策も検討。現在、本県のセンターは全国で唯一、無料で引き取っているが、有料化にして持ち込みが減った他県を参考に「県動物愛護条例」の改正案を県議会2月定例会に提出。今年10月からの有料化を見込む。
 11年度は1月末までに犬622匹、猫3953匹の計4575匹を処分。高知市の中央小動物管理センターではこのほど、関係者50人が出席して処分された犬や猫の慰霊祭を行った。
 県獣医師会の上岡英和会長は「処分数は減っているが、それでも数千匹。人と動物が共生できるよう関係機関とも連携し、処分ゼロを目指したい」と話している。
高知新聞:高知のニュース:社会:高知県内犬猫処分4割減
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2013-05-08 (Wed)
栃木県ドッグセンターに関していただいた御意見等に対する県の考えについて

--------------------------------------------------------------------------------


  この度、県内外のたいへん多くの皆様から、インターネットやファクシミリ等を通じて栃木県ドッグセンターに対する御意見・御要望等をいただきました。
 いただきました御意見等に対する県の考えは以下のとおりです。
  今後とも栃木県動物愛護管理推進計画を推進し、人と動物の共生できる社会づくりに努めて参りますので、御理解・御支援くださいますようお願いいたします。



 1 保温のための熱源を大至急確保してください。

   従来から子犬については、暖房マットなどにより保温をしております。また、健常な成犬にも暖房マットを設置いたしました。


 2 処分場に獣医師職員を置いてください。   
 
  ドッグセンターには動物病院福祉協会(JAHA)の犬のしつけインストラクター研修を受講した知識と経験ある担当職員を複数配置しており、獣医師の配置はしておりませんが、負傷動物として収容した場合は、動物愛護指導センターの動物保護室に収容し獣医師が管理しております。
  今後も、引き続きドッグセンター担当職員と獣医師職員の連絡体制を堅持して参ります。


 3 すべての犬の掲載情報をホームページなどで公開してください。

  ホームページの掲載は、現在、飼い主への返還機会の拡大のために、飼い主がいると推定されるすべての犬をホームページへ掲載しております。
  今後、譲渡を一層推進するため、発信する情報の拡大などについて検討して参ります。


 4 処分機のある場所と収容場所は分けてください。

  現在は、子犬及びねこの飼養室の中に、子犬やねこを処分するための小型の殺処分設備が設置されております。
  今後、「栃木県動物愛護管理推進計画」に基づき譲渡拡大を図るため、飼養ゲージを増設し飼養専用室とすることを検討して参ります。

| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2013-05-01 (Wed)
殺処分数減へ売れ残り犬猫を拒否 京都市が業者対策

記事はコチラ

京都市は、犬や猫の殺処分数の削減に向けて、ペットの持ち込みを拒否する要件を設け、引き取り時間を制限する方針を固めた。引き取り手数料の増額も検討していく。京都府と協議しながら、今秋までに、常習的に持ち込む業者の対策などを盛り込んだ要綱を策定する。

 今年9月から施行される改正動物愛護管理法で、犬猫の引き取りを自治体が拒否できるようになった。市は4年前に策定した動物愛護行動計画を基に、ペットの終生飼育を徹底する施策を進めており、法改正を機に一層の殺処分削減を目指す。

 具体的には、業者に対し売れ残った犬猫の持ち込みを拒否し、引き取り日時を現在の平日日中から週1回程度に変更して時間帯の制限も考える。1件(頭)2千円の現行の引き取り手数料の増額も検討する。

 市の犬猫の殺処分数は2008年度から11年度で、犬が150頭から24頭、猫が1823頭から1511頭と減少傾向にある。市によると、引き取り窓口での飼い主への説得や、新たな飼い主へ譲渡する取り組みが奏功しているという。

 猫は収容数の8割が野良猫で繁殖抑制のための避妊去勢手術が効果を上げているが、規制強化で飼い主に飼育放棄を考え直す機会を持ってもらう。

 市は「法施行に伴う政省令など改正の状況を注視しながら要綱の内容を固め、安易な飼育放棄をいさめていきたい。来年度内に設立する京都動物愛護センターは譲渡機能を強める予定で、さまざまな方法により殺処分を減らしたい」としている。

2013/05/01 21:38 【京都新聞】

---------------------

業者とは、ペットショップや繁殖業者。
このような対策をすると言う事が、どういうことなのか、
もう皆さんはお分かりになりますよね。

積極的に対策に乗り出していない保健所、センターが、
まだまだその多くを占めることになります。
| ≪保健所の情報≫ | COM(1) |
2013-04-08 (Mon)
ほんの少しの事で命が救えるのなら、
殺処分を減らすのではなく、命を救ってほしい。

旭川市動物愛護センターの試み!
北海道新聞より
【旭川】
捨てられるなどした犬や猫を収容する旭川市動物愛護センター「あにまある」が
昨年9月、市郊外から中心部に移転した後、殺処分数が激減した。
猫は年間400~600匹、犬は40~70匹が処分されていたが、
移転後の約7カ月間でそれぞれ17匹、ゼロ。
収容スペースを約6倍に広げて長く保護できるようにし、
その間、交通の便も良くなってペットを求める人が訪れやすくなり、譲渡されるケースが増えたためだ。

旧センターの収容のための保護室は12平方メートルしかなく、
古市篤所長は「持ち込まれたらすぐ処分せざるを得なかった」と説明する。
新センターは68平方メートルに拡張され、最低でも14日間は保護できるようになった。
殺処分した猫は、回復の見込みがない大けがをしていたり、
凶暴で人慣れさせるのは無理と判断した場合という。

h_2013.jpg


<北海道新聞4月7日朝刊掲載>

| ≪保健所の情報≫ | COM(1) |
2013-03-17 (Sun)
殺処分を無くすためにどうしたら良いのか、各地の取り組みが知りたい。
高松市の場合、twitterの情報をそのままでスミマセン。
取り急ぎ。


| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2013-03-15 (Fri)
twitterで、きになるtwがあったので、取り急ぎ
こちらに記載します。




詳細は追って記載します。
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2013-01-10 (Thu)
ペコちゃん探しは、もう終了したのですが、どうしても気になるコがいて、
私ではどうする事もできず、飼い主さんに画像を見てもらいました。

埼玉動物愛護ふれあいセンター
耳の大きさなどから、ペコちゃんではない事が分かりました。

センターの係りの方は、電話で丁寧に話を聞いてくれました。
そして、収容されているコの別の画像も送ってくれました。
また、こちらから送ったペコちゃんの画像と丁寧に見比べて、
違いなどを教えてくれました。嬉しかったです...忙しい中、ありがとうございました。


収容されているコがペコちゃんではない---------
飼い主が見つからなければ、似ているそのコは、時期が来れば殺処分になるのです。

辛い、辛い。何もしていないのに、苦しんで苦しんで死んでいくのです。

このセンターに収容されている猫さんのページも見ました。
首輪の付いているコが2匹も収容されています。
1/4に収容されて、まだ飼い主が見つかっていないのです。

どういうことなんだろう...自分の家族がいなくなって捜さないって、
一体どういうことなんだろう…

命って、そんなに軽く扱って良いの?

ペコちゃんを捜してると、たくさんの収容されているコを見て本当に落ち込んでしまう。

次に見る時には、このコの命は存在しない。命ってそんなものなの?


| ≪保健所の情報≫ | COM(2) |
2012-11-21 (Wed)
愛護センターや保健所に収容された動物は、どのような扱いを受けているのか、
皆さんは、どう思いますか?

センターや保健所と言っても47都道府県内、少なくても3箇所以上、
多いところでは6箇所ほどあるので、ひと括りにするのは良くないと思いますが…
と、前置きをして----

センターでは病気のコやケガのコも収容されています。
獣医が常駐しているのは知っていたので、
当然治療を受け、公示期限まで命の尊厳が守られると、思っていました。
もちろん、処置を受けたり、
前記事のラックちゃんに似たコのようにシャンプーをしてもらえるコもいます。

でも、SHOJIさんが家族にしたバルト君のように、
汚れた冷たいコンクリートの上で、
ただただ殺処分される日を待つだけのコもいる事は確かです。

奈良市の保健所のように、収容している場所が地下で日も当たらない施設もあるようです。
その理由は、近所の人から犬が目障りだと言われるから…だそうです。
(電話で確認済み)
近所の人が悪いわけではありません。
中庭などを造るなど、ちょっとした配慮ができないのか?と思います。

殺処分する機材や毎回の処分にも税金がかかります。
同じようにお金をかけるのならば、命を繋ぐ方向に税金をかけたいと思うのは、
愛誤になるのでしょうか・・・

収容されたコの中には、首輪のついた犬や猫が多いので飼い主にも責任があります。
命を粗末にしないように、飼い主にペット税をかけて、
その税金で収容されているコが少しでも快適に過せるように、
またはシェルターを作ったり、発想を変えるのは無理でしょうか。

また殺される一方、どんどんと産ませて売っているショップがある以上、
余った必要ないと人間が勝手に決めた命が殺される構図は変わりません。

センターや保健所の役目と共に、国の強い姿勢が望まれますが、
審議委員にペットショップの人やブリーダーの人がメンバーになり話している間は、
どう考えても命を優先した結果は出ないだろうと...思います。

まずは、センターや保健所での実態を知ってほしい。
ペットショップの実情を知ってほしい。

ペットショップにいくまえに
p1_20121121210542.jpg
ペットの現状
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2012-09-20 (Thu)
辛いニュースばかりですが、こちらは朗報!

犬の殺処分「ゼロ」へ具体化 ---- 広島県神石高原町
詳しくは 中国新聞 → コチラ ハテ、猫はどうなのでしょうか。


>> ReadMore
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。