* admin * NewEntry *
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-09-21 (Sat)
拡がれ~ 殺処分ゼロの運動!!


 広島県内の動物愛護団体や企業、個人などが「殺処分ゼロ広島委員会」(仮称)を設立した。国内最多の犬猫の殺処分を減らすよう呼びかける。初の活動はマツダスタジアム(広島市南区)で19日にあるプロ野球広島東洋カープ―阪神戦の合間に、殺処分を逃れた飼い犬約40頭と飼い主がグラウンドをパレードする。

 委員会はNPO法人犬猫みなしご救援隊(安佐北区)とピースウインズ・ジャパン神石高原事務所(神石高原町)、企業、個人が名を連ねる。県内の動物愛護施設4施設が2011年度に殺処分した犬と猫が計8340匹に上り、都道府県で最多だったのを受けて設立した。

 19日は5回終了後、そろいのTシャツを着た飼い主と、かつて捨て犬だったり、県内の動物愛護施設で殺処分される予定だったりした犬が、外野スタンドそばを行進する。試合前に「殺処分ゼロを目指して!広島」と書いたポスター3万枚を観客に配り、パレード時に掲げてもらう。

2013/09・13 中国新聞 ネットより こちら

9/15の パレードの様子は、みなしご救援隊の中谷代表のblogより

| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2013-08-28 (Wed)
被災動物救援団体:義援金「180万円損失」 投資信託で
毎日新聞 2013年08月28日 00時41分(最終更新 08月28日 02時37分)

 公益社団法人「日本獣医師会」など4法人でつくる任意団体「緊急災害時動物救援本部」(東京都港区)が「義援金」(寄付金)の一部で投資信託商品を購入し、2012年度決算で約840万円の損失を出したことが分かった。

 被災地の動物保護のために募った義援金だが、同本部は「間違った使途ではなく、損失は約180万円まで回復した」と説明する。これに対し専門家は、速やかに被災地に届け、リスクのある運用は避けるべきだと指摘している。

 同本部は1995年の阪神大震災を機に設立され、主に被災地に取り残された動物の救護などに取り組む団体に、活動資金として義援金を分配。東日本大震災では福島県で飼育できなくなった動物を保護する施設を運営する団体などを支援した。構成団体は獣医師会の他、公益社団法人の「日本動物福祉協会」と「日本愛玩動物協会」、公益財団法人「日本動物愛護協会」。

 同本部によると、収入は義援金のみで、12年度決算書によると、同年度には約6000万円の収入があり、資産は計約2億8000万円。資産には、国内の株式や海外の債権などを対象とする投資信託商品(3000万円)が含まれ、13年3月末現在、時価評価額約2160万円に元本割れしていた。

 投資信託は06年9月に購入。阪神大震災当時に寄せられ、使い切れなかった義援金が原資。資産減少リスク回避が目的だった。ところが08年のリーマン・ショックの影響で元本割れし、現在の評価損は約180万円という。

 東日本大震災では約7億円の義援金が寄せられた。【豊田将志】

これ、許されますか???
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2013-08-02 (Fri)
栃木県より

飼い犬「虐待」で異例の告発へ 県、動物愛護法違反の疑いで
(8月1日)
 飼育する犬の排せつ物処理を怠るなど劣悪な環境で犬を多頭飼育したとして、県が上三川町の50代男性を動物愛護法違反の疑いで告発する方針を固めたことが31日、分かった。近く告発状を下野署に提出する。県は飼育環境の改善を継続指導してきたが、改善がみられなかった。行政機関が個人の飼い主を告発するのは極めて異例で、本県では初とみられる。

 県の調査などによると、男性は6月下旬まで、自宅庭のケージで多数の犬を飼育。死んだ犬2頭をケージ内に放置した上、排せつ物を適切に処理せず、長期間にわたり周囲へ悪臭がする状態を続けていたという。

ソースはこちらです → 下野新聞 SOON

*個人の問題と関わりに積極的ではない行政ですが、
犯罪だという事を再認識すれば、このような関わりは当然するべきです。
| ≪動物関連情報≫ | COM(1) |
2013-05-26 (Sun)
先週起きた、米国オクラホマの巨大竜巻、小さなお子さんが犠牲なるなど、
大きな被害が出ました。

人命優先は、どの国も同じだと思いますが、そんな中でもコレだけの違いがあります。
AFP通信からの画像と記事です! 画像一覧はコチラからご覧下さい。


| ≪動物関連情報≫ | COM(3) |
2013-05-11 (Sat)
化粧品における動物実態について。

読むのも辛い内容ですが、どうか目を背けないで。
私たちの使う化粧品が作られる過程で起きている事、
しっかりと向け合って、どうするべきか、考えてきましょう!!

記事はコチラ
--------------

化粧品開発においては、コスト的にも手軽な動物実験が広く行われてきた。その動物実験を、国内化粧品メーカー最大手の資生堂がこのほど廃止すると発表し、業界内では話題になっているという。批判も多い中で、動物実験はなぜ続けられてきたのか? その裏側に迫る--。

 2月28日、資生堂は、自社が販売する一般化粧品の開発において、動物実験を経た化粧品が3月11日以降EU域内で販売できなくなるのに対応するため、動物実験を行う企業との原料取引や、外部の研究所への実験委託も行わない方針を発表した。同社は、大口輸出先であるEU市場における動物実験規制の流れを受け、2010年から計5回の円卓会議を開催し、動物実験のあり方について議論してきた。11年に同社はすでに自社研究所での動物実験を廃止しているが、今後は他社を利用したものも含めて原則廃止する(一部例外は除く)。今後製品の安全性は、過去の実験で得られたデータや、ヒトのボランティアを対象とした試験などを用いて保証することが可能だという。

「資金力のある大手化粧品メーカーは、新しい成分の開発競争にしのぎを削り、その結果、化粧品の安全性を確かめるために行われる動物実験もなかなか減らないという悪循環」(資生堂関係者・A氏)が起こっていたが、動物実験の実態はとても残酷だ。その内容は次のようなものだ。

 例えば、「眼刺激性試験」は誤って化粧品が目に入ったときの症状を見るためのものだが、ここではウサギが使われる。手足で目をこすらないよう、拘束器に入れて頭だけ出し、片方の目に物質を点眼し、もう片方へは投与せず違いを調べる。その状態で72時間以上定期的に観察する。この試験では「ウサギは痛くて暴れ、失禁し、目はつぶれ、腰を抜かして、そのまま死ぬこともある」(同)という。

 A氏によれば、このほかにも皮膚刺激試験や急性毒性試験などさまざまな動物実験が行われていたという。

 医学や薬学の領域でも動物実験は行われており、それが医療の発展につながってきた面もあるため、一概に動物実験を否定することは難しいかもしれない。しかし、特に化粧品開発においては、動物愛護の観点などから、動物実験を廃止する方向性は世界の潮流になりつつあることも事実である。

 この廃止については、欧米企業の取り組みが進んでおり、米国では動物福祉法や情報公開法により、動物実験についての情報が透明化されている。

 米国よりもさらに進んでいるのがEUだ。86年以降段階的に規制が強化され、今年3月11日からは、EU域内で動物実験を用いて開発された化粧品の販売が全面禁止となった。同日に発効された禁止措置は、製造元がEU域外の製品も含まれ、すべての化粧品に適用される。

 こうした海外の動きの影響により、日本でも動物実験廃止を求める声が少しずつ広がりを見せてきた。NPO法人「動物実験の廃止を求める会(JAVA)」の活動もそのひとつ。

 同会理事の亀倉弘美さんは95年にJAVAの化粧品問題担当となり、それ以来、化粧品の動物実験問題にかかわり続けてきた。当初は、動物実験を続けるメーカーの会社名を出すようなことはせず、穏やかな運動を展開したが、「日本の大手メーカーからは、改善の姿勢がまったく見られなかった」と話す。メーカー側からすれば、商品の安全性を保証するため、動物実験に代わる代替手段を確立する手間を強いられるからだ。

 そのため、09年から路線を変更し、資生堂をターゲットにして署名運動を展開した。トップメーカーを動かせば、2位以下の企業も動くだろうという狙いだった。こうした動きを当初は無視していた資生堂だったが、前述した「円卓会議」に亀倉さんを加え、耳を傾け始めた。

 円卓会議には新聞やテレビなどのマスコミ関係者も必ず参加していたそうだが、大手メディアで化粧品の動物実験に関する是非が問われたことは、ほとんどなかった。その理由について、マスコミ関係者・B氏は、次のように話す。

「長引く不況にあっても、毎年500億円近くの広告宣伝費を使う資生堂は、どこのメディアにとっても貴重な大クライアント。やや古い話だが、シャンプー市場でトップシェアをつかんだ『TSUBAKI』の立ち上げに、50億円もの広告宣伝費をつぎ込んだ話は語り草になっている」

 ちなみに、業界2位の花王の11年度広告宣伝費は518億円で、企業別広告宣伝費ランキングでパナソニック(746億円)に次いで2番目だ。大手メディアにとって、動物実験がアンタッチャブルな問題なわけである。

 今回、資生堂が動物実験全面廃止に動いた背景には、JAVAのような市民団体の長年にわたる活動があったこともさることながら、やはり直接的な動機は、前述のEUでの全面禁止令だろう。近年、資生堂全体の売り上げは横ばい状態だが、海外の売り上げ比率は5割近くまで伸びており、海外マーケットの重要性がますます増している。

●動物実験規制に医学界、製薬業界は反発

  >> ReadMore
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2013-04-06 (Sat)
獣医師広報板 【災害と動物関連のセミナー、イベント情報】より

下記、上記ページのコピペです。
環境省とも繋がりがあると予想される団体が主催者になっているので、
どこまで突っ込んだ話がされるか、興味深い所です。
環境省は、2011年3月末の時点で、今のような惨事になる事は想定しながらも、
原発の関係は自分の省の管轄ではないと言いながら、積極的に動こうとしませんでした。
また早くから現地に入って活動をしていたボランティアについては
「勝手に入っている」と明言しました。
勝手に入らざる得ない状況を作ったのは、国であり、自治体です。
またペットフードは、早くから各メーカーが支援していましたが、
一般社団法人ペットフード協会 → どうぶつ救援本部 の流れで、
必要な現地に届くには相当の時間がかかるのが現状です。

現在、ペットフード協会が支援した内容と総量はコチラです。
---------------------------

福島原発が動物に及ぼした影響に関する調査報告、
および被災飼い主のニーズや支援利用状況に関する調査報告を予定しております。
また、連絡会関係者に日本における動物救護の実際、HSI関係者には、
国際的な緊急災害時の動物救護の実際について講演をしていただく予定です。

日時:8月24日(土)・25日(日)10:00~16:00
会場:東京国際フォーラム ホールD5
受講料:検討中
主催:
 Humane Society International
 動物との共生を考える連絡会
 (公財 日本動物愛護協会、公社 日本動物福祉協会、日本捨猫防止会、
 社 東京都家庭動物愛護協会、ペット研究会「互」、NPO自然と動物を考える市民会議、
 NPO神奈川動物ボランティア連絡会、NPO動物愛護社会化推進協会、
 動物との共存を考える連絡会、学校法人ヤマザキ学園、アルプ株式会社 )

お問合せ先:動物との共生を考える連絡会事務局
 〒193-0813 東京都八王子市四谷町1917-36-202
 Tel&Fax:042-623-8797
 E-mail:info@dokyoren.com
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2013-03-23 (Sat)
埼玉県ではこのような制度を導入しています。

災害時動物救護活動ボランティア登録制度

近年では、ペットを「家族の一員」として飼育される方が増えており、
大規模な災害が発生した時には、多くの飼い主がペットを連れて避難所に避難されます。

避難所では、ペットは飼い主の心の拠り所となり、
また、他の方にとって癒しの一因になると言われます。
一方で、避難所は動物の苦手な方、動物に対してアレルギーをお持ちの方など、
様々な方が共に生活をする場でもあります。
このため、避難所ではお互いに協力し、ルールに基づいて生活することが望まれますが、
混乱した状況下では飼い主もペットの世話まで手が回らず苦労されることも想定されます。

そこで、埼玉県では、平時において、
あらかじめ災害時の動物救護活動に御協力をいただけるボランティアを募集・登録しておくことで、
「いざっ」というときに動物の救護活動がスムーズに進められる態勢を整えます。

----------------
お住まいになっている地域で、行われている取り組みがありましたら、
是非紹介してください。


| ≪動物関連情報≫ | COM(5) |
2013-03-22 (Fri)
横浜市旭区で行われたペット同行・避難所受入訓練についてです。
悲惨な置き去りから、少しずつ変わってきています。

と言っても、まだまだと言う感じ。
災害時のペット対策事業に34万円を計上と書いてありましたが、この金額では…
また、「ペットは自分で守ることが大前提」 もちろんそうですが、
それが出来ない状態だから、行政の助けが必要になるのではないでしょうか。

災害で、自分の住む家を一瞬で失った時に、一緒に避難出来る場所がなければ、
福島原発の事故と同じ惨事が起こる可能性がある訳で…

飼い主の責任と行政のバックアップの姿勢、このバランスは難しいけれど、
最悪を考えて、訓練をしてこそ、危機管理体制ではないかと思います。

タウンニュース 2013年3月21日号
(Link切れするといけないので、全文を貼り付けます)

尊い命の死が無駄にしてはいけない。過去から学び同じ過ちを起こさないようにしていきたい!

以下全文-------------------------------------------

万騎が原小学校地域防災拠点では昨年11月、旭区初となるペット同行・避難所受入訓練を実施。3月12日に旭公会堂で開かれた報告会では、訓練の手応えが聞かれる一方、拠点の狭さなど課題も見えてきた。この訓練を実施している地域はまだ少なく、旭区では今後、各拠点に普及するようさらに呼びかけていく方針だ。

 旭区内でペットとして飼育されている犬は約1万3千匹で、市内で3番目に多い(昨年度末時点)。しかし、災害時の地域防災拠点におけるペットの受け入れ体制は明確には整備されていない。それを受け、旭区では今年度の区政運営方針に「地域防災拠点のペット対策モデル事業」を盛り込み、昨年8月には万騎が原連合自治会の防災訓練でペット同行避難訓練のデモンストレーションを実施。11月18日には万騎が原小学校地域防災拠点の訓練でペット同行・避難受入訓練を行った。

 訓練には、犬10匹・猫3匹のペットを連れた飼い主が参加。実際と同じように、ペット同行避難者専用の受付をつくり、手順を確認。ペットを校庭内に設営した飼育場所で待機させるところまでを訓練とした。

>> ReadMore
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2012-10-29 (Mon)
20121022-45.jpg
SHOJIさんの家族になったバルト君~滋賀のセンターに収容されていたコ
見上げる瞳には、信頼する家族の顔が確かに映っている


センターでは、
歩くことも、食べることも、見ることもできないと言われていた。

20120930-58.jpg

20120930-59.jpg

どうして冷たいコンクリートの上にいるんだろうか...
それも、柵の上… 足が挟まってしまうのに---
どんなに元気なコだって、こんな所にいたら具合が悪くなりそうです。

そして迎えがなく、引き出しされないコはこのまま窒息死させられるのです。

バルト君は、SHOJIさんの目に留まり、命が繋ぐことができた。
見えない、歩けないと言われていたバルト君は、毎日自分の足で散歩をしています。
20121025-34.jpg


動物愛護センター、その多くは、殺処分をする施設です。
生きようとする命を、人間が殺すのです。どうしたら無くなるか… どうか一緒に考えてください。

★バルト君の画像は、SHOJIさんのBlogよりお借りしました。




| ≪動物関連情報≫ | COM(2) |
2012-10-15 (Mon)


動物たちの命を守ろう! アクションのお知らせです。
お近くの方、猫友さん、犬友さん、ウサギ友さん、Twitter仲間、mixi仲間、FB仲間、
是非是非アナウンスして、多くの方にお伝えください!!

日 時:10月20日(土)  11:00~15:00
場 所:JR桜木町駅前広場---
    JR桜木町駅改札口を出て左へ進みランドマークタワーへ向かうエスカレーター付近

★ 動物問題に関するパネル展・チラシ配り・署名集めを行います ★


チラシは毛皮反対デモを中心に配ります。
他に動物に関することでしたらなんでもOKのパネル展です。
手ぶらOK!パネル・チラシ・署名用紙持参OK! 遅刻・早退・中抜け・1時間でもOK!

詳しくはエリザベスの部屋さんをご覧下さい!

| ≪動物関連情報≫ | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。