* admin * NewEntry *
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |

2014-06-14 (Sat)
Twitterの猫友さんが、
近くで多頭飼いのような、外飼い猫さんのような、
餌だけあげてる猫さんが多頭になり、個人でレスキューを始めました。

当初見かけたよりはるかに多い数のコたち、成猫8匹、子猫15匹、
覚悟を決めて始めた保護ですが、ほとんどの子猫が目がぐちゃぐちゃで、
とても辛い状況になりました。
その時の様子は、
随時画像を載せてくれたので、多くの人が見て心配をしています。

この県は今年に立派なセンターを作り、殺処分ゼロを掲げています。
早速県のセンターに電話をして、バックアップをしてもらえないか、要望しました。
誰かに迷惑をかけているのなら、何かした支援はできるとの話だったのですが、
センターでは治療などはできないと・・・
でも、センターが完成したニュースには、獣医師が8名態勢で臨むと書かれています。

ソースはコチラ

個人の人が、保護して病院に連れて行き、里親募集をして、
命を助けているのに、こんな立派な施設は何もできないって、どう言うことなんでしょう。
せめて、現場を見に来ることぐらいできないのでしょうか。
この県は、避妊&去勢の補助金もないそうです。
それでは、殺処分ゼロなんて、本当に言葉だけのものです。
億単位の施設を作りながら、目の前の猫1匹も救えないなんて、
どういうシステムなんだろうと、つくづく嫌気がします。

こんなに広い敷地で、猫10匹しか保護できないんですよ。。。
gifu_1.jpg

gifu_2.jpg

| TOP記事 | COM(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。