* admin * NewEntry *
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-08-02 (Fri)
栃木県より

飼い犬「虐待」で異例の告発へ 県、動物愛護法違反の疑いで
(8月1日)
 飼育する犬の排せつ物処理を怠るなど劣悪な環境で犬を多頭飼育したとして、県が上三川町の50代男性を動物愛護法違反の疑いで告発する方針を固めたことが31日、分かった。近く告発状を下野署に提出する。県は飼育環境の改善を継続指導してきたが、改善がみられなかった。行政機関が個人の飼い主を告発するのは極めて異例で、本県では初とみられる。

 県の調査などによると、男性は6月下旬まで、自宅庭のケージで多数の犬を飼育。死んだ犬2頭をケージ内に放置した上、排せつ物を適切に処理せず、長期間にわたり周囲へ悪臭がする状態を続けていたという。

ソースはこちらです → 下野新聞 SOON

*個人の問題と関わりに積極的ではない行政ですが、
犯罪だという事を再認識すれば、このような関わりは当然するべきです。
| ≪動物関連情報≫ | COM(1) |
コメント

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。