* admin * NewEntry *
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-04-19 (Fri)
小春ちゃんの笑顔


富岡町で今年2月に保護されたコ--あの事故からなんと一年11ヶ月。その間1匹で過していた飼い犬。
保護したのはこちらの団体です → LYSTA~動物たちに光と再生を。

保護した時の様子など、blogの記事になっています → コチラ

レントゲンで見たところ、お腹には小石がたくさん写って、便からも出ていたそうです。

お腹が空いていたんだね...それにどんなに寂しかったか・・・

保護した時点で、すでにフィラリアも重篤でその上、肺腫瘍にもなっていたそうです。


富岡町のどこかで飼い犬として過していた小春ちゃんの一生を狂わしてしまったのは誰?
誰を責めれば良いの?   誰に責任があるの?

原発事故から二年以上経った今でも、残された命があります。

小春ちゃんのこの笑顔を見ながら、
決して忘れてはいけない、許してはいけない、
二度と同じ過ちを起こすべきではないと改めて思いました。

小春ちゃん、どうか安らかに・・・


| ≪原発の事故で残されたコ≫ | COM(1) |
コメント

















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。