* admin * NewEntry *
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2013-04-06 (Sat)
獣医師広報板 【災害と動物関連のセミナー、イベント情報】より

下記、上記ページのコピペです。
環境省とも繋がりがあると予想される団体が主催者になっているので、
どこまで突っ込んだ話がされるか、興味深い所です。
環境省は、2011年3月末の時点で、今のような惨事になる事は想定しながらも、
原発の関係は自分の省の管轄ではないと言いながら、積極的に動こうとしませんでした。
また早くから現地に入って活動をしていたボランティアについては
「勝手に入っている」と明言しました。
勝手に入らざる得ない状況を作ったのは、国であり、自治体です。
またペットフードは、早くから各メーカーが支援していましたが、
一般社団法人ペットフード協会 → どうぶつ救援本部 の流れで、
必要な現地に届くには相当の時間がかかるのが現状です。

現在、ペットフード協会が支援した内容と総量はコチラです。
---------------------------

福島原発が動物に及ぼした影響に関する調査報告、
および被災飼い主のニーズや支援利用状況に関する調査報告を予定しております。
また、連絡会関係者に日本における動物救護の実際、HSI関係者には、
国際的な緊急災害時の動物救護の実際について講演をしていただく予定です。

日時:8月24日(土)・25日(日)10:00~16:00
会場:東京国際フォーラム ホールD5
受講料:検討中
主催:
 Humane Society International
 動物との共生を考える連絡会
 (公財 日本動物愛護協会、公社 日本動物福祉協会、日本捨猫防止会、
 社 東京都家庭動物愛護協会、ペット研究会「互」、NPO自然と動物を考える市民会議、
 NPO神奈川動物ボランティア連絡会、NPO動物愛護社会化推進協会、
 動物との共存を考える連絡会、学校法人ヤマザキ学園、アルプ株式会社 )

お問合せ先:動物との共生を考える連絡会事務局
 〒193-0813 東京都八王子市四谷町1917-36-202
 Tel&Fax:042-623-8797
 E-mail:info@dokyoren.com
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。