* admin * NewEntry *
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-12-11 (Tue)
環境省が我々に意見を求めています。

ペットショップのあり方、保健所やセンターでの収容動物の処遇などなどです。

私たちが声を挙げなければ、これでよしとされてしまいます。
【苦しみもがいて殺されるコ】を減らす努力をしなくて良い!と言う事です。

是非、皆さんも意見を提出してください。

参考例はコチラです。提出方法なども参考に!


ホームレスキャット(もままさん)
① 記入例 
(じゅるのしっぽさんのコピペ)

たまにはネコの夢もみる
② 記入例

じゅるのしっぽ
③ 記入例

難しい言葉で書く必要なんて、無いんです。
おかしい事はおかしいと、命を救う目線で考え、それを伝えましょう!

期日は明日まで!!

-------------
先ほど提出したのですが、環境省の法定がすでにずれている。

たとえば、
Ⅵ 犬猫の引取りを拒否できる場合について (改正法第35 条第1項但し書き)
第7条第4項の規定の趣旨に照らして引取りを求める相当の事由がない
と認められる場合として以下の場合を規定する。
犬猫等販売業者から引取りを求められた場合(法定事項)
① 繰り返し引取りを求められた場合

業者から犬猫を引取ってくれって要請がある事自体、
それも繰り返しあるなんて、ここからしておかしい。
繰り返しも何も、一度でもあったら行政指導や、営業停止など、
強い姿勢で対処しなければ引取りの犬猫の頭数など、減りません。

さて、引取りを拒否したらどうなるのでしょうか?
公園や山、林などに遺棄したり、実験動物として払い下げになるのでは?
これでは抜本的な対策にはなりません。
| ≪お知らせ≫ | COM(3) |
コメント



















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。