* admin * NewEntry *
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-11-21 (Wed)
愛護センターや保健所に収容された動物は、どのような扱いを受けているのか、
皆さんは、どう思いますか?

センターや保健所と言っても47都道府県内、少なくても3箇所以上、
多いところでは6箇所ほどあるので、ひと括りにするのは良くないと思いますが…
と、前置きをして----

センターでは病気のコやケガのコも収容されています。
獣医が常駐しているのは知っていたので、
当然治療を受け、公示期限まで命の尊厳が守られると、思っていました。
もちろん、処置を受けたり、
前記事のラックちゃんに似たコのようにシャンプーをしてもらえるコもいます。

でも、SHOJIさんが家族にしたバルト君のように、
汚れた冷たいコンクリートの上で、
ただただ殺処分される日を待つだけのコもいる事は確かです。

奈良市の保健所のように、収容している場所が地下で日も当たらない施設もあるようです。
その理由は、近所の人から犬が目障りだと言われるから…だそうです。
(電話で確認済み)
近所の人が悪いわけではありません。
中庭などを造るなど、ちょっとした配慮ができないのか?と思います。

殺処分する機材や毎回の処分にも税金がかかります。
同じようにお金をかけるのならば、命を繋ぐ方向に税金をかけたいと思うのは、
愛誤になるのでしょうか・・・

収容されたコの中には、首輪のついた犬や猫が多いので飼い主にも責任があります。
命を粗末にしないように、飼い主にペット税をかけて、
その税金で収容されているコが少しでも快適に過せるように、
またはシェルターを作ったり、発想を変えるのは無理でしょうか。

また殺される一方、どんどんと産ませて売っているショップがある以上、
余った必要ないと人間が勝手に決めた命が殺される構図は変わりません。

センターや保健所の役目と共に、国の強い姿勢が望まれますが、
審議委員にペットショップの人やブリーダーの人がメンバーになり話している間は、
どう考えても命を優先した結果は出ないだろうと...思います。

まずは、センターや保健所での実態を知ってほしい。
ペットショップの実情を知ってほしい。

ペットショップにいくまえに
p1_20121121210542.jpg
ペットの現状
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。