* admin * NewEntry *
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-05 (Tue)
6月からペットショップなど生体販売の展示時間が8時から20時に変更になりました。
2時間少なくなったのです。

環境省は、猫カフェの展示時間も同じように2時間減らす案で進めていたようですが、
現場のヒヤリングを怠ったため* 20時に展示を終わらすと、
お店の営業時間終了までの2時間、猫が劣悪な状態に陥る場合があると分かったそうです。
*現場を知る手段が、調査せずにヒアリングだと言う事にも驚きました。

普通ならば、2時間のその劣悪な環境を改善となるのでしょうが、違いました。
劣悪な環境になるかもしれない2時間を従来どおり、展示に当てることにしたのです。

また、殺処分など現状を変えていく法令は約5年に一回の見直しだそうです。
なぜ5年なのかと言うと、そのぐらい期間を見ないと、結果が分からないから・・・
これは人間の一年を四年に換算する犬や猫にとって、約20年に一回にあたります。
省の方には、23歳の時のお給料が43歳まで変わらないと話したら、
自分の事として真剣に考えてくれるでしょうか。

中央環境審議会などでは、動物行動学のお偉い先生もいるそうです。
だったら、5年に一回しか変わらない今の現状をどう捉えるのか...

今のままでは多々問題がある事は理解しつつ、積極的に変えようとする意欲は感じられない。
殺処分頭数を100万匹減らしました! と言っていましたが、
元の数があまりにも多すぎた話で、
なおも年間約20万匹のコがほとんど窒息死させられている現状は異常です。

私が生きている間に、生体販売と殺処分がゼロの国になってほしい。

| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。