* admin * NewEntry *
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-03 (Sun)
NPO団体、任意の保護団体や、個人のボランティアさん、いろいろな形態があり、
活動の内容も様々だと思います。

寄付金を募ったり、チャリティーやカレンダーを作り売り上げの一部を運営費にしたり、
または、寄付を募らない所---その形も様々・・・

私は、活動をしていく上で寄付を募ったり、お金が必要だと言う事に抵抗がありません。
保護はボランティアであっても、
検査や治療、ワクチン、避妊去勢、移動(車)、餌代、経費が必ずかかります。

私の経験ですが---
8年前に数人でオークションに出されるコを保護して、里親募集をした事があります。
母猫は避妊手術をしてリリース、保護した仔猫たち6匹は、どのコも具合が悪く、
母猫の避妊、仔猫のワクチン、入院費、治療など医療費に3ヶ月で40万円以上かかった事があります。

いつもキリキリの生活をしている我が家にとって、この出費は大変で、
里親募集と共に、支援をお願いしました。
また、里親募集中に2匹がFIPを発症、治療の甲斐なく亡くなりましたが、
おかげで最期までしっかりとした治療を受ける事ができました。

支援をしてもらえなかったら、
...FIPの治療や緩和治療など受けられず、小さな身体に負担をかけてしまったかも知れない。

助けてもらえて本当に良かったと今でも思います。

保護したコがこれほど具合が悪く治療費がかかった私の体験は、異例かもしれませんが、
なんだかんだ言っても、経費がかかります。

支援をお願いしていれば、収支をしっかり出すのは当然なのかもしれませんが、
私が支援をする時には、たとえ収支が分からなくても、その方の活動を信じて支援をします。

地元で活動しているNPO団体の代表の方から言われた事があります。
「そのコを助けるのに、あなたは何が出来ますか?」

・預かりができれば、預かりを
・現場で捕獲(保護)できれば、現場へ
・支援金を出せる人は支援金を
・フードや砂、必要な物資支援

本来なら保護やシェルターなど行政で行うシステムができれば一番良いと思いますが、
現状は無理なので、善意の人たちのボランティア活動に委ねるしかない。
自分のできる形で、無理をしない---これが長く関わるのに大切な事だと実感します。

少し余裕がある時は、
ネットを通じて知り合ったボランティアの方を支援したいと思っています。

ドーンと宝くじが当たれば良いんだけど...
| ≪日々思う事≫ | COM(0) |
コメント















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。