* admin * NewEntry *
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-02 (Wed)
地震、そして原発の事故から早くも8ヶ月が経とうとしています。

原発の収束は先が見えず、今以て放射性物質を出し続けています。
人の居なくなった警戒区域にはまだまだ多くの動物が取り残されたまま。

餌を与えるために入る事すら難しくなってきた状態で、
どうやって命を救うのでしょう。 
いえ、きっと救う気持ちが国にはないのかもしれません。

そしてペコちゃんがいなくなって、半年が過ぎます。
一時預かり宅近辺では、一度も目撃情報がないので、
すぐ近くの家で、飼われてるのかもしれません。
そんな思いを私もナッピーさんも持っていて、
原点にもう一度戻って、聞き込みなどをしたいと思っています。

私は、被災犬や猫の預かりができる環境にありません。
震災直後、それでも、何かしたい。命を救う手伝いをしたい---!
焦って気持ちだけが、空回りしていました。
現地に行けない、預かりを出来ない、
そんな中で自己嫌悪に陥ったりしていた時期もありました。

地元のNPOの方に動物を保護について次のような事を言われた事があります。
「あなたの出来る事をしてください。
 預かれるのなら、預かりを。
 餌をあげる事ができるのなら、餌を。
 車で運べるのなら、運転を。
 お金を出せるのなら治療費を…」 と。

そうだ、無理して長続きしなければ意味がない...出来る事をしよう!

ネット上で、飼い主さんと迷子の犬や猫をお互いに捜し合う、
飼い主さんの思いや、保護されている子の紹介をBlogで積極的に広げよう。
猫友さんからの情報を自分の所にも載せて、より多くの方に知ってもらおう!

そんな繋がりから保護された1匹のワンちゃんの飼い主さんが見つかった事がありました。

仮名:トトロ君 (その後、本名:ごん太と判明!)

週刊誌:女性自身で、取り上げられながら、
なかなか飼い主さんが見つからなかったのですが、
取り上げられた記事の写真が、
私の猫友さんのするるさんや、浪江町ではなちゃんを探していた方など、
数人の方を経て、ついに飼い主さんの目に留まったのです!

act_heart01.gif女性自身では早い時期から、
被災犬の事を積極的に取り上げ、記事にしていましたact_heart01.gif

トトロ君、(本名ごん太君)再び、女性自身にて再度取り上げられました。
そして今度は、女性自身のWEBに動画で登場です。コチラ



トトロ君を保護されているクミコさんは、
福島の子たちのために、活動拠点を福島に移されました。
伊豆からのトトロ君のお引越しも無事終わったそうです。

クミコさんのBlog ☆キラ*キラ☆LIFE☆ 
☆キラ*キラ☆LIFEへ
バナーをクリックしてね


ペコちゃんも、
トトロ君を保護したクミコさんのような方に保護されていれば、
すでに福島で飼い主さんと一緒に過ごしていたはずです。

命を助ける重みを思い知らされた数ヶ月間でもありました。
ただ、自分の能力以上の事をすると、
ペコちゃんのように悲しい結果になることは確かです。
それと、たった1つでもかけがいのない命です。
たくさん救っていれば1つぐらい欠けても良い等という理論は通用しません。
最後まで責任を取れないような方は、保護に携わってはいけないと強く思います。

ペコちゃんが5/2に姿を消して半年。早く見つけてあげたい。
保護に関わった方たち、
私たち捜索スタッフや情報を下さる方々と少しでも同じような気持ちがあれば、
ペコちゃんを捜してほしい。

過ぎた過去の話ではありません。

今日は半年を機に、モヤモヤとしていた胸の内を言葉にしました。
| #4ペコちゃんを探しています | COM(6) | TB(0) |
コメント






















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。