* admin * NewEntry *
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-28 (Thu)
6/27 Twitterからの情報 ≪飯舘村の置き去りの動物を捕獲、殺処分か?≫
その後、いろいろな所から情報が発信されていますが、まだはっきりしないため、
新しい情報が入り次第、追記していきます。

【6/29 追記】 
飯舘村に電話をして、詳細を尋ねてくれた方がいます。電話でのやり取りも聞くことができます。
いわきで保護活動をおこなっているたくみさんのBlogより。
福島 原発20-30キロ圏内の被災動物保護活動
飯舘村で犬の一斉捕獲&殺処分!!??


--6/27 最初の記事はコチラです---------

飯舘村の帰還困難区域設定により、置き去り動物が多数出ると予想されるとの事。
7月に役場と保健所で、置き去りから放し飼い*状態になっているコを捕獲する。
シェルターの数は少なく、飼い主さんのいる避難住宅では一緒に暮らせる所が少ない。

となると、捕獲される多数のコたちの行方は? 
殺処分の対象になるのではないかと、多くの人が懸念されています。

飯舘村のHPを見ても、管轄の福島県相双保健福祉事務所のHPを見ても、
そのような記述は見つかりませんでした。

もし流れている情報が確かなら----
住民の方は、捕獲される事を知っているのでしょうか?
なぜ、誰もいない区域に今でも多くのコたちが置き去りにされているのでしょうか?
まず、ここから対処しないと、
犠牲になったコたちに追い討ちをかけるような対策は、納得できません。

詳しい情報をお持ちの方、是非コメントをお願いします。

【6/28 追記】
★帰宅困難地域について★ 詳しい地図は コチラのPDF(経産省2012年6月15日現在)
・飯舘村(2012年7月17日より) ・南相馬市(2012年4月16日より実施)

また、警戒地域に指定されている双葉町からはこのような話も出ています。
双葉町全域を帰還困難区域に』 町長、国に要望

住民の方の自宅の制限に限っては、どこの村も同じように受けています。
避難先でのペットの受け入れ状況の相違に、注目です。

*福島の犬、係(けい)留義務について pdf

スポンサーサイト
| ≪動物関連情報≫ | COM(3) |
2012-06-27 (Wed)
さいたま市動物愛護ふれあいセンターでは、
公示期限 6/26~7/3までの仔猫が、なんと30匹以上収容されています。
引出しなどなければ、殺処分です。

飼い主持ち込みなのか、公園などに捨ててあったコたちが収容されたのか、詳細はわかりませんが、
育てる事ができないのであれば、しっかりと避妊・去勢をさせなくてはいけない。

避妊や去勢が自然ではない、可哀相だと言う方に会った事がありますが、
毎年何度も子どもを産む母猫の負担、また大量に産まれる仔猫をどうするのか、
しっかり考えれば、そんな言葉は発せられないはずです。

命の尊さ、真剣に考えてほしい。


| ≪保健所の情報≫ | COM(2) |
2012-06-24 (Sun)
【6/27 追記】 里親さん急募です!!

チャミ君
里親さん募集のページ

白いワンコさん、ソフトバンクのパパのようなワンコさんたちです。

不衛生の環境の中、短い鎖に繋がれ散歩も行くことなく---
人との接触もほとんどなく過してきたのでしょうか、
首輪をする事に馴れていなかったり、警戒して吠えていたコもいるそうですが、
その中でもだんだんと落着きを見せ、人が大好きなコ達を里親募集されるそうです。
写真のチャミ君、ソフトちゃん、スヌーピー君、マーブルちゃん、トマトちゃん、そしてハヤテ君。

まだまだ多くのコがいます。処分と言う選択をしないためにも...
どうかご協力をお願いします!

6/18 発信)
名張にて
多頭飼育崩壊の現場から緊急HELPです!!


名張セカンドチャンスさん/多頭飼育崩壊の現場
◆転載の際は、名張セカンドチャンスさんの
許可を取っていただけると助かります


三重県名張市で「名張セカンドチャンス」というボランティア団体さん、
行政に保護された犬や猫の救出、保護をされています。

転載の許可をいただいたので、是非こちら記事を見てください。
多頭飼育崩壊

Blog記事にも書かれていますが、
現在必要な物資は、☆首輪 ☆リード ☆係留用の鎖 ☆フロントライン です。

【6/24 追記】
ネグレクト状態のコたちは、手からゴハンを食べるなど少しずつ人に馴れてきているようです。
6/20の記事  6/22の記事より
保健所の職員の方も一緒に、様子を見ながら里親募集できるようにと、
現在も活動が続いています。
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2012-06-23 (Sat)
身体に負担になる動物実験をやめよう!

生体販売を禁止しよう!

殺処分をゼロにしよう!

これは、一部の動物愛護の希望的スローガンではなく、
もはや、社会の常識になりつつあるのでしょうか・・・
Twitterで見たWEDGEという雑誌*のWEBマガジン:WEDGE Infinityには、

<短期連載>ペット業界の舞台裏 と言う特集があります。
新幹線の中で読む雑誌社が---経済や政治の話ならもちろんですが----提言するほど、
日本の動物に対する意識は低いのでしょうか。
いえ、それは単に意識の問題だけではなく、
業界と法を作る国に関わる問題が大きいからではないでしょうか。

是非読んでください!!

2011年11月22日 第二特集『売れ残りペットはどこへ行く? ペット業界が不透明な理由
 

※ペットブームという言葉と共に、
ペットや伴侶動物などと呼ばれる生きものたちとの生活が身近になっている。
ペットショップは、休日ともなると相変わらずの盛況ぶりを見せる一方、
今年は5年に1度の“動物の愛護及び管理に関する法律”の改正年とあって、
沢山の動物愛護団体や動物に関わる仕事を生業としている人間たちが改正の内容に関して意見を戦わせている。
なぜこんなにもペット業界は不透明と言われ続けているのか。
業界の川上から川下まで関わり、内情を知り尽くした著者が、
業界の浄化作用の必要性、問題点や解決策を提言する

*東海道・山陽新幹線のグリーン車搭載の雑誌、「WEDGE」と「ひととき」を発行している
WEDGE社のHP
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2012-06-21 (Thu)
千代田区が
東京電力第1原発事故のため、警戒区域に設定されている原発から
半径20キロ圏内で保護された子猫の里親探しの支援を行います。

福島県動物救護本部に保護された子猫を都内の動物病院に移送し、健康チェックを行った後、
区内の住民や在勤者でつくるボランティア「ちよだニャンとなる会」が一時預かり。
その後、インターネットなどで希望者を募集、面接を経て新たな飼い主を見つける手伝いをします。
放射性物質の付着の有無などのチェックは現地ですでに終えているそうです。
詳細は、ちよだニャンとなる会のfacebook:コチラ
福島からの移送や健康チェックに掛かる費用は千代田区が全額負担。

詳細記事 コチラ または コチラ

★譲渡会は21日午後3時から赤坂動物病院(港区)で開かれるそうです。
 当日は面会のみで、後日ボランティアが新しい飼い主の自宅に届ける。条件あり★

小さな命に目が行く区政、
きっと区民の皆さんに対しても当然の事ながら気の配られた区政なんだと思います。

| ≪動物関連情報≫ | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。