* admin * NewEntry *
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-09-12 (Sat)
愛媛県動物愛護センター 
26年度分の資料→コチラ

このようなものを作るなら、殺処分数をもっと減らしましょう

スポンサーサイト
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2015-05-04 (Mon)
まずは、熊本市のセンター
ハローアニマルくまもと市

一般的に、
即日殺処分と言われている仔猫に対しての取り組み→
ミルクボランティア pdf

予算が・・・ 場所が無くて・・・ と言う職員さんが多い中、
これほどに差があるのは、それは意識の差なのではないですか?
殺したいか、生かしたいか その差だと思う。

| ≪保健所の情報≫ | COM(2) |
2015-01-03 (Sat)
1年間で約13万匹の尊い命が殺されています。
環境省 発表:
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/dog-cat.html
センターや保健所を譲渡する場に、
そしてペットショップ生態販売を無くし、
ブリーダーの制限をしっかり構築する。

尊い命が、18万匹も殺されている現実を知ってください。

| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2014-07-06 (Sun)
                          平成 25 年(2013 年)6月3日
                          【連絡先】保)動物管理センター
                          担当:向井 電話 011-736-6134

このたび、警察署から引き取った飼い主不明の猫について、動物管理センター(以下「セ
ンター」という。)において保護収容は困難と判断し、致死処分を実施したところ、その後に
飼い猫であることが判明したという事案が発生しました。
飼い主様に深い悲しみを与えてしまったことを深くお詫び申し上げるとともに、今後はこ
のようなことがないよう、再発防止に努めてまいります。
               
               記
1 経 緯
⑴ 平成 25 年5月 31 日金曜日午前 11 時頃
警察署から体長 15 ㎝~20 ㎝の猫がいるので、引き取りをお願いしたいとの依頼がセン
ター本所事務所(西区八軒9条東5丁目 1-31)に電話であった。
このとき、大きさの申告から子猫と判断し、「預かりリスト」※を作成しなかった。
※ 届出人情報と猫の特徴を記載するもので、不明猫の問い合わせが入った場合には、
このリストと照合して該当の猫がいないか確認している。子猫については、野外にい
る猫の出産がほとんどで、飼い主の引き取りを前提としていないため、預かりリスト
は作成していない。
 
⑵ 同日 午後2時頃
捕獲3号車班が担当地区の警察署に出向き、対象の猫を運搬用ケージに移し、飼い主
不明の猫の引き取り願い書を預かり、センター福移支所(北区篠路町福移 156 番地)に
搬送。(収容時に子猫ではなく成猫であることが判明。)

⑶ 同日 午後3時頃
捕獲3号車がセンター福移支所に到着し、福移支所担当獣医師が対象の猫を確認。
ケージの扉を少し開け、猫を確認しようとしたところ、前足を出す、唸るなどの威嚇
行動が見られたことから、攻撃性があり保護収容は困難と判断※し、致死処分対象とし
た。
このとき、正面から首輪は確認出来なかった。
※ 飼い主不明の猫については、「札幌市動物管理センター収容動物等取扱要綱」に基づ
き、通常であれば、支所に収容した翌開庁日を1日目として、閉庁日を除いた4日間
収容することとなっているが、同要綱第7条第2項の⑵の規定により、凶暴で職員が
触ることのできない個体は、収容期間に関らず致死処分することができるとしている。

⑷ 同日 午後3時 40 分頃
猫用の炭酸ガス処分機にて、致死処分を実施した。

⑸ 同日 午後3時 50 分頃
担当獣医師が死体を確認したところ、青い首輪を付けていることに気付き、センター
指導係長に電話連絡し、概要を報告した。

⑹ 同日 午後4時 30 分頃
飼い主様より、センター本所事務所に「飼っている猫が迷子になった」との連絡があ
り、職員が預かりリストにて検索したが、該当するものが無く、届出が無い旨を回答し
た(警察署からの申告で子猫と判断し、⑴のとおり預かりリストを作成していなかった
ため)。

⑺ 同日 午後4時 40 分頃
担当獣医師から指導係長宛に首輪を付けた猫を処分したことに関する経過報告書を電
子メールにて送付した。
指導係長が迷い猫の情報と支所から連絡のあった青い首輪の猫の情報が合致すること
に気付き、飼い主様にお探しの猫と思われる猫を支所で致死処分したことをお知らせし
た。

2 今回の事案に至った原因
⑴ 警察署から引き取りの依頼があった際に情報収集が不十分で預かりリストの作成をし
なかったこと。

⑵ 警察署からの引き取り依頼書には首輪の情報が記載されていたが、内容の確認が不十
分であったこと。

⑶ 猫を早期処分する判断基準である「攻撃性」の確認が不十分であったこと。

⑷ 猫の特徴、特に首輪の有無の確認が不十分であったこと。

3 札幌市としての対応について
⑴ 5月 31 日、午後5時 50 分頃 飼い主様宅に猫の遺体を持参し、深く謝罪した。

⑵ 6月2日、飼い主様の猫の火葬に参列し、御霊を弔い、哀悼の意を表した。

⑶ 飼い主様には、今回の経緯と今後の対応策について改めて文書で報告し、誠意を持っ
て対応をする。

⑷ 担当獣医師及びその上司については、札幌市の関係の規定に従い厳正に対処する。

4 今後の再発防止策について
⑴ 警察署からの引き取り依頼の際には、例外なく預かりリストを作成する。

⑵ センター福移支所に搬入された飼い主不明の猫については、担当獣医師のほか、搬入
した職員もその場に立ち会い、複数人で猫の特徴を添付の書類と照合し、確認する。

⑶ 引き取った飼い主不明の猫については、収容時に攻撃的な行動が見られる個体でも、
経過観察を行ったうえ、処分の必要性について判断する。

⑷ 飼い主不明の猫の処分については、担当獣医師のみの判断では無く、事前にセンター
所長までの決裁を経た後に実施する。
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2014-05-28 (Wed)
このコは、2014年5月19日、高松市元山町で保護され、
香川県高松市保健所(087-839-2865)に収容されました。
*白色のコ(メス)*黒い首輪が特徴だったそうです。
公示期限を待たずに殺されました。

殺されたコ


殺したいの? 生かしたくないの?


| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2014-04-18 (Fri)
負傷している猫以外収容しないセンターや保健所もあるので、
是非頑張ってほしいです!!!

奈良市保健所、住民が捕獲器で捕らえた猫、保健所引き取り中止
2014年04月18日 12時20分

===奈良市保健所に持ち込まれた猫。引き取り手がなければ殺処分される====


 住民らが捕獲器で捕まえた猫を引き取り、殺処分を繰り返しているとして、奈良市保健所に苦情が相次いだため、保健所は先月、捕獲器による持ち込みの受け付けを中止した。

 「安易に死なせないための努力をせず、命を奪っている」という動物愛護団体の指摘に対し、担当者は「引き取り自体は違法ではないが、持ち込む人に、こうした意見があることを説明して断っている」と話している。

 捕獲器は、金網のかごなどの中に魚などの餌を置き、猫がつられて入ると、扉が閉じて出られなくなる仕組み。

 市保健所などによると、市内では年間300匹以上の猫が持ち込まれ、大半が殺処分されている。

 2013年度は310匹が持ち込まれ、25匹が飼い主に返還されたり、希望者に譲渡される一方、262匹が弱って死んだり、2週間の預かり期間後、殺処分されたりした。堺市の動物愛護団体などは、捕まりにくい成猫数十匹が、こうした捕獲器で捕らえられたとみている。

 こうした実情を、愛護団体が3月下旬にインターネットで公開すると、全国から保健所に「なぜ捕獲器による無差別の捕獲を認めるのか」「飼い猫まで犠牲になる」などと、メールや電話で約80件の苦情が寄せられた。

 同保健所は動物愛護管理法の規定を理由に「対応に問題はない」としていたが、批判を受けて同月25日、捕獲器で持ち込まれた猫については、引き取り拒否に転換した。担当者は「今後は、現在も行っているホームページでの引き取りの募集に加え、譲渡会の開催も検討する」としている。

 東京都文京区の動物保護団体のメンバー小沢利子さん(24)は「動物好きと、そうでない人の間に立って命を大切にするのが行政の役割。当初は、猫嫌いの人に肩入れして殺処分を続けたと言われても仕方がない対応だった」と指摘する。

 環境省動物愛護管理室は「人と動物が共生するためには、自治体がどう動くかが重要。譲渡会を積極的に開き、民間団体などと協力して飼い主を探せば、痛ましい殺処分は、かなり減らせるのではないか」としている。

 動物愛護管理法 所有者のわからない犬や猫の引き取りを拾得者から求められた場合、自治体が引き取らなければならないと規定。一方、飼育希望者を募集し、譲り渡す努力をすることも求めている。環境省によると、全国の自治体が引き取った犬や猫は2012年度で計約21万匹。このうち、約8割が殺処分された。

2014年04月18日 12時20分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2014-01-31 (Fri)
定時定点回収(収集)…
行政が市民から犬猫を引き取るために
決められた日時に飼い主が犬猫を捨てに行き、収集車が巡回して集める。

JAVAさんから画像をお借りしました。
dogs-and-cats04.jpg


全国で、 まだまだ残っている制度だそうです。

集めたコたちはどうなるか…もちろんその多くが殺処分です。

信じられないこの制度を撤廃しようとアクションが続いています。

皆さんも是非ご協力してください。

みなしご救援隊さんのHPより こちら

| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2013-12-28 (Sat)
みなしごさんの中谷代表のお願いです。

こちらを読んでいただけますか…
みなしご庵へようこそ

是非、一人でも多くの方から賛同頂き、声を届けてほしいです。

宜しくお願いします!!
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2013-09-14 (Sat)
こんなニュース、もうたくさん!!!
でもニュースになっただけ良いのだろうか、氷山の一角なんだと思うと、
胸が苦しくなる。

命をどう捉えているのか、この職員だけを責めれば済む問題なのか、
いろいろな側面から考えなければ、犠牲になる命は一向に減らないと思う。

下記、Link切れするといけないので、本文をコピペします。

 県一関保健所は13日、50歳代の非常勤職員の男性が、公用車内に保管していた薬品を使い、独断で犬や猫の殺処分を行っていたと発表した。職員は、飼われていない犬の捕獲にあたる狂犬病予防技術員と、犬猫引取員を兼ねていたが、公示せず殺処分しており、県動物愛護条例に違反するとみられる。職員は2005年から毎年約10匹を処分していたという。

 発表によると、職員は8月6日、同市内で、所有者不明の十数匹の犬のうち8匹に、筋弛緩(しかん)剤と同じ成分の薬品を溶かした水溶液を注射し、殺処分した。目撃した市民から問い合わせがあり、発覚した。

 職員は05年4月、当時あった一関保健所大東支所から本所に薬品類を移した際、公用車内に薬品2・5グラム入りの瓶を保管した。薬品は毒劇物ではないが、中型犬約40匹を殺処分できる量という。内規で保健所の金庫で管理することになっていたが、職員は「凶暴な犬から身を守るため」と述べ、注射したことは「いずれ殺処分になるだろうと判断した」と話しているという。

(2013年9月14日 読売新聞)

ソースはこちら:YOMIURI ONLINE 地域 岩手 ページ
| ≪保健所の情報≫ | COM(0) |
2013-06-25 (Tue)
ご無沙汰しています。

殺処分をめぐる保健所、センターの状況は、依然と酷い状態が続いています。

少しずつ詳しく書いていきたいと思っていますが、
首輪をした飼い猫さんがセンターに収容されて4時間以内に殺されてしまうと言う、
痛ましい事件もありました。
あえて、事件と書きます。 飼い猫さんだから発覚しただけで、
もし迷子のコで、
積極的に飼い主さんが探していない猫さんや、外猫さんなら、
誰にも知られず、処分が淡々と儀式のように行われているわけです。

おかしい、絶対におかしい。

みなさん、一緒におかしいと声をあげていきましょう。

| ≪保健所の情報≫ | COM(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。