* admin * NewEntry *
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2016-02-21 (Sun)
野良猫の殺処分ゼロへ 動物病院が無償で不妊手術 [熊本県]

殺処分される猫を将来的になくそうと、熊本市中央区の竜之介(りゅうのすけ)動物病院が22~28日、野良猫を対象とした不妊手術キャンペーンを行う。手術をして元の場所に戻す「TNR=Trap(捕獲) Neuter(不妊手術) Return(戻す)」活動と呼ばれる取り組みで、環境省も推奨。病院側が手術費は負担するが、野良猫を捕獲して持ち込み、寄生虫の駆除費(1匹1080円)を負担してもらえるサポーターを募っている。

 環境省が2010年に策定した「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」は、野良猫のふん尿の処理といったルールを地域で定め、飼養・管理することで一代限りの命を全うさせる「地域猫活動」を推奨している。その中でTNR活動は、基本となる考え方と位置づけている。熊本市動物愛護センターも、地域猫活動を「殺処分数を減らし、猫をめぐる地域の環境問題の改善にとっても重要」としている。

 県健康危機管理課などによると、昨年度の猫の殺処分数は県内で1836匹。同課が昨年度に保護した猫のうち、6割以上が生後3カ月未満の子猫だった。同院によると、雌猫は生後半年ほどから出産ができるようになり、1匹当たり年2、3回の出産で計約20匹の子猫を産むとされる。

 こうした現状を受け、同院がサポーターを募ったTNR活動を積極的に行うようになったのは昨年から。これまでに2回のキャンペーンを行い、計約1800匹を手術したという。

 キャンペーン対象の猫は体重1キロ以上の雄と雌で、手術を受けた猫が再び手術を受けないよう、麻酔が効いているときに片耳に切れ込みを入れ目印を付ける。手術当日に持ち帰ってもらい、麻酔が切れる翌日に元の場所に戻すことを求めている。

 病院主導の同様のキャンペーンは県内でも珍しく、徳田竜之介院長は「各地に活動が広がるよう、モデルケースにしたい」と、多くの人の協力を求めている。持ち込みの予約は専用サイトと電話で受け付ける。

=2016/02/19付 西日本新聞朝刊=
スポンサーサイト
| ≪動物関連情報≫ | COM(4) |
2014-12-12 (Fri)
動物愛護管理のあり方検討小委員会委員名簿
H23
コチラ

委員長(委員) 林 良博  東京農業大学農学部 教授
臨時委員 青木 人志    一橋大学大学院法学研究科 教授
臨時委員 磯部 力     國學院大學法科大学院 教授
臨時委員 臼井 玲子   (公社)日本愛玩動物協会 理事
臨時委員 太田 勝典   一般社団法人 全国ペット協会 副会長
臨時委員 斉藤 富士雄  長野県動物愛護センター 所長
臨時委員 永村 武美   (社)ジャパンケネルクラブ 理事長
専門委員 井本 史夫   (社)横浜市獣医師会 
専門委員 打越 綾子    成城大学法学部 准教授
専門委員 浦野 徹     熊本大学生命資源研究・支援センター長 教授
専門委員 小方 宗次    学校法人ヤマザキ学園大学動物看護学部 准教授
専門委員 加隈 良枝    帝京科学大学生命環境学部 講師
専門委員 渋谷 寛      弁護士・ペット法学会 事務局次長
専門委員 野上 ふさ子   NPO法人地球生物会議(ALIVE)代表
専門委員 水越 美奈    日本獣医生命科学大学獣医学部 講師
専門委員 山口 千津子   (公社)日本動物福祉協会 獣医師調査員
専門委員 山崎 恵子*   正字(崎) ペット研究会「互」主宰
専門委員 渡辺 眞子    作家

なぜ、ブリーダートップとペットショップ関係者が
同席する必要があるのでしょうか。
産業発展の会議なら、経産省で!!!
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2014-08-29 (Fri)
新たな情報です。
広島県獣医師会より 

無題


一時的にペットの預かりを希望される方は、連絡先:082-251-6401

| ≪動物関連情報≫ | COM(2) |
2014-08-24 (Sun)

| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2014-08-23 (Sat)
取り急ぎです。

相談----
広島市役所
8・20豪雨災害緊急ペット相談窓口

預かり----
広島市安佐南区のアイ動物病院さん
病院のHP
院長先生のブログ

その他問い合わせなど---
広島県動物愛護センター
お知らせ
広島市動物管理センター(082-243-6058)、
保護されているコたち一覧

呉市内については 
呉市動物愛護センター(0823-70-3711)、

福山市内については 
福山市動物愛護センター(084-970-1201)にご連絡ください。

広島市安佐南区のアイ動物病院さん
病院のHP
院長先生のブログ

| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2014-04-12 (Sat)
ショッピングモールに保護犬の譲渡センターが誕生!!

保護犬は常時5~10頭を公開

保護犬の里親探しや犬の殺処分ゼロに取り組むピースウィンズ・ジャパンは、4月1日に広島県広島市西区のショッピングモール「広島マリーナホップ」内に、保護犬と新しい飼い主の出会いの場となる譲渡センターをオープンした。
同団体は、災害救助犬やセラピー犬の育成、ドッグランやドッグホテルの運営とともに、捨て犬や迷い犬の保護・譲渡活動も行っている。これまで215頭を保護し、77頭の譲渡・返還を実現した。2013年9月20日からは、広島県が犬・猫殺処分数全国ワースト(2011年度)を記録したことを受け、同県の犬殺処分をゼロにする「1000日計画」にも挑戦している。

譲渡センターは、より多くの人に保護犬を見る機会を設けるとともに、犬と里親の「縁結び」を進めるために開設した。民間団体が、商業施設内に保護犬の譲渡センターを常設することは全国的にも珍しい事例であるという。

センターで常時公開する保護犬は、同団体が現在保護する130頭(3月27日現在)のうち、5~10頭。スタッフが日常の世話をしながら、里親希望者に保護犬の特徴や性格などを紹介する。あわせて、正しい犬の飼い方を啓発する場としても活用していくという。

希望する犬と出会えた場合、保護犬の引渡しは、事前調査票を記入し、スタッフによる家庭訪問を経てからになる。また、譲渡までの飼育・医療費の一部として、譲渡の際に1万5,000円が必要。

「ピースワンコ・ジャパン広島譲渡センター」は、ショッピングモール「広島マリーナホップ」内。営業時間は、10時~20時(無休)。

画像を借りました
201404.jpg


ペットショップは要りません!!!


| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2013-11-23 (Sat)
読売新聞より ソースはこちら 

捕獲した猫を捨てたとして、三重県警四日市北署は同県川越町の男性職員2人を動物愛護法違反(遺棄)の疑いで津地検四日市支部に書類送検した。

 送検は21日付。同署によると、2人は昨年10~11月、排せつ物に関する苦情を受けて捕まえたり引き取ったりした猫3匹を同県四日市市山村町の山林に捨てた疑い。

 町環境交通課の説明では、従来、捕獲後は県桑名保健所に引き渡していたが、職員らが「殺処分されるのはかわいそう」として山林に放すことを決めたという。同課は「周辺は野良猫がいて、生きていけると思った。よかれと思ってやったが、法律の理解が不足していた」としている。昨年12月以降捕獲はやめたという。県健康福祉部によると、県内では昨年度2978匹の猫が殺処分された。猫を捕獲しているとの情報を得た動物愛護団体のNPO法人「グリーンNet」(三重県鈴鹿市)が今年5月に告発、同署が捜査していた。動物愛護法は、猫などを遺棄した場合、100万円以下の罰金刑を定めている。

最終更新:11月23日(土)14時53分読売新聞


遺棄されていても、ほとんど捜査などしないのに、なぜ?と言う思いです。
税金で、苦しませて殺す事は虐待にならないのでしょうか?
警察の方、一度殺処分の現場を見てください。
ひどいブリーダーの飼育を間近で見てください。
どっちが動物愛護法に違反しますか?

| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2013-11-21 (Thu)
ペットフード:米国で食べて死ぬ犬や猫…国内でも調査
毎日新聞 2013年11月21日 16時00分

 米国でペットフードを食べた犬や猫が死ぬ事例が相次いでいるとして、環境省と農林水産省が、日本国内でも同様の事例がないか調査に乗り出した。米国のような症例は国内では報告されていないが、獣医師や業界団体に確認や報告を求めている。

 米食品医薬品局(FDA)が先月、ペットフードを食べて嘔吐(おうと)や下痢、けいれんなどを起こした事例が、2007年以降に犬や猫3600匹以上にあり、このうち約580匹が死んだとの報告を公表した。原因物質は特定されていないが、FDAは鶏肉など中国産食材が大半に使われていたと指摘している。

 FDAの報告を踏まえ、環境省と農水省は先月末、ペットフードを原因とする同様の症状が起きた場合、食べた製品の種類や症状などを報告するよう、全国の獣医師に日本獣医師会を通じて要請した。また、製造や輸入業者でつくるペットフード協会▽日本ペット用品工業会▽全国ペットフード・用品卸商協会−−の3団体に、鉛などの有害物質や農薬、添加物などの含有量が、09年施行のペットフード安全法に基づく基準以下か確認するよう求めた。製品を製造している中国などの工場での被害の有無も調べるよう要請した。

 これを受け日本獣医師会は今月、「日本国内でも米国同様の被害が発生している可能性がある」とホームページで注意喚起を始めた。ただ、嘔吐などは一般的な食中毒に似ており、ペットが拾い食いしたりする可能性もあり、原因を特定しにくいのが実情という。

 農水省畜水産安全管理課によると、ペットフードは輸入品が半分を占め、国産でも輸入食材が使われている製品が多い。同課の担当者は「安全性を改めて確認したい。米国で原因物質が特定された場合、日本国内での流通などを調べる必要が出てくる」と話している。環境省動物愛護管理室も、「まず情報収集を図る」と話した。【田所柳子】
| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2013-10-23 (Wed)
台風により、大きな被害が出た伊豆大島、
ペットとの避難について、下記のような情報があります。
是非参考にしてください。
またお知り合いで、困っている方がいましたら情報を共有してください。

【下記にて2つの情報を掲載します】



プチホテル サンロードさん
詳細blog

------
公益社団法人 東京都獣医師会が、同行避難の支援を準備しています。
詳細はコチラ

| ≪動物関連情報≫ | COM(0) |
2013-10-12 (Sat)
久しぶりに心和む記事です。
多くの施設で当たり前のように、こんな事が実現してほしい!!

老人ホーム:癒やし癒やされ、被災犬と共生…神奈川
毎日新聞 2013年10月09日 10時53分(最終更新 10月09日 12時16分)

 神奈川県横須賀市の特別養護老人ホーム「さくらの里山科」は、犬や猫と同じフロアで共同生活を送る全国でも珍しい施設だ。入居者を癒やしているのは、東日本大震災で飼い主を失ったり、高齢者が飼えなくなって保健所で殺処分を待っていたりした犬猫たち。ホームに引き取られた当初は人間不信の様子だったが、徐々に懐き、今は人気者として、つながった命を全うしている。

 ホームは人もペットも幸せに暮らす「伴侶動物福祉」を理念に昨年4月オープンした。4階建ての2階部分が犬猫と生活するフロアで定員40人。10人ずつの4ユニットに区切られ、犬7匹、猫10匹が自由に行き来する。犬猫の世話は市内外のボランティアが手伝う。

 入居者が元々飼っていた犬猫計3匹を除く14匹は、里親探しのボランティア団体などから引き取った。多くは病気や高齢で里親が見つかりにくかった。

 雑種の犬「むっちゃん」(雄、推定10歳)は福島県富岡町から来た。NPO「犬猫みなしご救援隊」(広島市)によると、飼い主が福島第1原発事故で避難して取り残され、農家で他の犬にかまれているのを発見された。感染症などの危険があるため同NPOが2011年5月に保護し、約1年後にホームに引き取られた。

 今年4月、むっちゃんは心不全などを患い動物医に「命が危ない」と言われた。普段はあまり言葉を発しない入居者たちが「家族だから」と心配し合った。ホームが設けた専用の酸素ルームで心臓に負担がかからないようにしたところ、回復し今は入居者や他の犬たちと穏やかに暮らす。

 ホームの動物担当の介護職員、畠美佐子さんは「犬猫との生活により、独り暮らしの影響で無表情だった方も生き生きした表情に変わってきた」と語る。若山三千彦施設長(48)は「微力だが犬猫の救出に少しでも協力しながら、ペットと暮らしたい高齢者の願いを実現できれば」と話した。【宇多川はるか】
| ≪動物関連情報≫ | COM(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。